動かない車をクルマ買い取りしてもらう方法

様々な原因で動かなくなってしまった動かない車。ディーラーなどに委託して廃車にするしかないと思っても、廃車費用や引き取り費用の負担が気になって、なかなか処分に踏み出せない方もいるかもしれません。しかし、見た目には廃車にするしかないような動かない車でも、自己負担費用が必要ないどころか、現金に換える方法があります。このような動かない車を問題なく買い取ってくれる愛車買い取り業者があるのです。ここでは、不動車の買取業者を見つけて賢く処分する秘密について解説します。

動かない!不動車の一般的な処分方法

不動車愛車の処理について、ディーラーや一般的なクルマ買い取り業者に相談すると、自動車買い取りや下取車査定としては査定価格が出ず0円と言われることが多いでしょう。さらに、廃車処分にかかる手数料が必要だと言われることが一般的だと思います。そして、この廃車費用については、車種やすでにリサイクル費用を払っているかどうか等にもよりますが、引き取り手数料とリサイクル費用を合わせた場合、概ね1万円から3万円くらいかかるのが相場です。この他に解体費用がかかってしまうような場合もあります。

動かない車はどのようなくるまがあるのか

一言で動かないくるまと言っても、様々な原因があります。例えばバッテリーが上がってしまっているためエンジンがかからないというケースもあるでしょう。また、車検が切れてしまっているため法律的に自分で走らせることができないような場合もあります。このような問題だけであれば、保険のロードサービスを使ったり仮ナンバーをとることよって動かすことはできます。処分するなら、くるま買い取りをしている業者や下取りをしてくれるディーラーなどに相談してみるのも良いでしょう。しかし、深刻な事故や水没被害などによって大きなダメージを受けて動かなくなってしまった車や、膨大な距離を既に走っていてもう車の寿命とも言えるレベルにある自動車、原因がわからず修理できないままほったらかしにしているくるまなど、文字通り物理的に動かない車こそ処分に困ってしまう不動車と言えるでしょう。これらは廃車をススメられることがほとんどで、手数料も持ち出しになってしまいます。しかし、こういった動かないくるまを買い取ってくれる業者もあるのです。

なぜ不動車クルマがクルマ買取り業者に売れるのか

実際に、業者や一般的な中古車販売店、自動車買い取り業者からは廃車手続きを勧められるような動かない車に、しっかりと値段を付けて買い取ってくれる自動車買取業者はあります。しかし、これらの業者はなぜ動かない車を買取ってくれるのでしょうか。もちろん、これらの業者がボランティアで車買取りをしてくれるわけではありません。不動車を買い取ることで、利益を得ることのできるルートがあるのです。具体的には、部品取り車として買い取り、部品綺麗にした上で再販するケースや、日本国内では買い手がいないような自動車でも買い取ってくれる海外への輸出ルートを確保している場合、鉄クズとして売却する場合など、いずれにしても利益を確保する秘密をしっかりと持っているのです。

買取り業者を見つける裏技

このように不動車を買取ってくれる業者はありますが、その業者はどうやって見つければ良いのでしょうか。
近くの中古車販売店を歩いてまわったり、タウンページで探して電話したりするという方法もありますが、相談してみるたびに廃車を勧められ、手数料負担の話をされるのではくじけてしまいます。
したがって、今はインターネットを使って見つけるのが一番効率的なやり方です。出向いていく労力や電話代、断られるショックなどを全部避けて、気楽で効率的に動かない車を買い取ってくれる業者を見つけることができます。廃車にするしかないような不動車を専門に買取りを行っている業者もありますし、通常の中古車買取ともに、不動車の買いとりをしている業者もあります。ただ、不動車の買取りを明確にうたっている業者は、ネット上にも表示をハッキリしているので、そういった業者を選ぶのが良いでしょう。さらに、クルマ買い取りの一括査定サイトを使えば、これらの情報を自分で細かくチェックする手間も省くことができるのでお勧めです。

不動車車の買い取り相場とは

動かない車の買取価格の相場は、車種や年式、動かない車の状態などによって、かなりばらつきがあるのが現実です。また、愛車買取りをしてくれる業者によって、動かない車から利益を上げる手段は異なる場合もあるので、業者による査定金額の違いがある場合も少なくありません。高く売れる部品が無事で再販可能かどうか、部品としての需要があるか、海外でポピュラーな車種かによって値段にひらきが出てくるのです。ただ、普通は10万キロから20万キロほどの走行距離の国産車で、5万円から15万円程度の買い取り価格がつく場合も意外と多くあります。廃車手数料を自己負担することから考えれば、驚きの額ではないでしょうか。一方、くるまの状態によっては数千円ほどにしかならない場合もあります。しかし、それでも廃車手数料のことを考えると圧倒的にお得だと言えるでしょう。

まずは買取業者に査定を出してもらおう

不動車だからといって、自動車買取りをしてもらうことをあきらめる必要はありません。業者などの説明や自己判断で廃車にしてしまう前に、動かない車を買い取ってくれる業者を探してみることをお薦めします。廃車費用を負担するどころか、逆に数万円から数十万円のお金が入ってくる可能性もあるのです。そのための一歩は簡単。車買い取り業者に査定を依頼することです。そしてその方法としてお勧めなのは、クルマ買取の一括査定サイトの利用です。一括査定サイトを利用すれば、たった一度査定フォームに入力するだけで、たくさんの業者から査定結果が返ってきます。その中から、不動車でも価格を付けてくれる業者を見つけ、一番高い価格で買い取りをしてくれる業者を選べば良いだけなのです。